会社設立と資本金の決め方 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立と資本金の決め方

会社設立と資本金の決め方

 

・会社を設立するからには知らなかったじゃすまない。
会社を設立するからには知らなかったじゃ済まされない問題がたくさんあります。
そんなの知らなかった、そんなこと聞いたこともなかったですまされることであれば良いですが、そうもいかないことがたくさんございます。
特に税金関係では、そのあたりはシビアにしていかなければなりません。
とは言っても初めての会社設立とあっては、知らないことが多く、肝心なことを見落としてしまいがちです。
知らかかったなんてことにならないように、専門家に相談する事をお勧めします。

 

・会社設立定款、登記と資本金の振込タイミングは
会社設立には様々な手続きがございます。
この手続きを手順よくこなしていかねばなりません。
会社設立には登記をする必要がございますが、株式会社の場合はその前に定款を認証してもらわなくてはなりません。
定款は公証人役場で認証してもらいます。
また資本金の振込をする日は、この定款の認証が下りた日に行う事となっております。
定款の認証が下りて資本金の振込まで完了したら資本金を振り込んだ通帳のコピーを用意して、登記となります。
また定款は公証人役場ですが、登記は法務局で行います。

 

・会社の登記は専門家に依頼するのがおすすめです。
自分で登記をすれば安く済む、このように簡単に判断するのは注意が必要です。
会社設立はなれていないとものすごく時間がかかってしまいます。
会社設立時に登記に時間を取られてしまいなかなか進まないのであれば本末転倒です。
会社の登記は専門家に相談することをお勧めします。

 

・行政書士に依頼する場合
会社の登記は会計士・税理士・司法書士・行政書士・社会福祉労務士等の士業の先生に依頼することが出来ます。
ここで注意したいのが、あなたに代わって代理で登記が行える士業は司法書士のみです。
他の士業では代理で行う事は出来ませんので提携している司法書士へ依頼するか自分で行うかという事になります。
行政書士に依頼する場合は、許認可手続をしなくてはならない業種の方にお勧めです。
一緒に手続きをしてもらう事で費用も少し安く抑えることが出来ます。

 

・司法書士に依頼する場合
唯一の登記を代理で行ってもらうことが出来るのが司法書士です。
登記だけをお願いしたいのであれば司法書士に依頼することがベストでしょう。

 

・税理士会計士に依頼する
今後の財務を年契約などで依頼する場合は会社の登記時からお世話になると良いでしょう。
登記自体は提携している司法書士に依頼してスムーズに登記また今後の運営をすることが出来ます。