会社設立が無効になる条件 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立が無効になる条件

会社設立が無効になる条件

 

会社設立をせっかく行っても、実は無効となることもあります。
実際に株式会社はもちろん、他の会社形態であっても無効となる場合があるため、会社設立をする場合には、それらの無効となる条件についても知っておくことが重要です。
そもそも会社設立が無効となるというのはどういうことなのかと言えば、設立の背続きに不備があったり、会社としての設立を認められない点があったりする時に向こうとなります。
通常の無効はもちろん、会社設立の無効に関してはどの企業も孕んでいるリスクだと言えるのではないでしょうか。
ただ、相当なことがない限り、会社設立が無効になるということはありません。
通常通りに手続きを進めて、公証役場にも申請し、国からも許諾を得れば問題はありません。
もちろん、事業計画などもしっかり立てておけば、まず会社設立が無効になって、会社設立の話自体が消滅するということはありません。

ただ、近年この会社設立の無効に関しては、増加傾向にあります。
その背景にあるのが、より起業が簡単になったという点などがあります。
正直なところ、現行の法律では資本金が1円でも起業できますし、パソコン1代で起業するという方もいるくらいです。
もちろん、会社設立と個人事業主やフリーランスの開業はまた違います。
しかし、それと同時に個人が会社設立を行うというパターンも多くなってきているのです。
そんな中、あまり会社設立について知らないまま、適当に申請して設立し、無効となってしまうということも増えています。
せっかく会社設立をするというのに、無効にされてしまっては意味がありません。
そのため、会社設立をする際には、専門家を頼りにすることをおすすめします。

専門家というのは、いわゆるこの手の手続きに慣れている行政書士や司法書士、税理士などだと言えるでしょう。
こういう専門家は、会社設立の知識に関しても、必要となる手続きについて知り尽くしています。
そのため、専門家のサポートを受けて会社設立をすれば、無効となることはまずあり得ません。
万が一無効となった場合でも、すぐに相談すれば対処してくれます。
会社設立に慣れていないという方は、まずは専門家に相談してみてください。
なお、これから会社として運営・経営を続けていくのなら、専門家のサポートは必要不可欠となります。
何かトラブルや問題が発生した時のためにも、専門家の力を借りられる状態にしておくことをおすすめします。