会社設立における税理士の業務内容 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立における税理士の業務内容

会社設立における税理士の業務内容

会社の設立にあたって税理士に依頼を行うという方法があります。
ですが正直、税理士が行うことができる業務内容についてよく知らない、分からないという方も多いことかと思います。
そもそも会社設立の業務を税理士に依頼していいのかどうかもよくわかっていない方も多いことかと思います。

税理士に対して業務を依頼する場合、税理士と顧問契約を結ぶ必要があります。
顧問契約とは、契約内容については契約条項によってケースバイケースになるものです。
条件に対してこれだけの対価の支払いを行うという取り決めを行い、それに関して双方が合意することによって結ぶことができるケースになります。
契約内容は取り決めによって決められることとなります。

会社設立を税理士に対して依頼する際には様々なメリットがあります。
主に税金に関する事柄ですね。
会社設立を行う際に税務上しておくべき検討、また手続きがあります。
それに関して税理士に対して依頼することができます。
会社の設立を行う段階で税務検討を行うことによりベストな節税を実現することができるのです。
また税務手続きによっても税制上におけるメリットを受けることも可能です。
最初が肝心ですから最初に必要な手続きを行っておかないと、後々大きな税金の請求ができてしまうというケースがありますので、税理士に依頼するのには大きなメリットがあるのです。

税務に関しては税理士のみが行うことができる業務となっています。
会社設立の業務に関して行政書士や司法書士に依頼することとなりますが、税相談などに関しては税理士しか受けることができません。
税金に関する相談事があっても行政書士や司法書士に対して相談を行って回答をもらうということはできないのです。
ですので節税対策などにおける相談業務に関しても税理士が行うことができる業務となっております。
税理士事務所と顧問契約を行っておくことで、必要に応じてその専門家を紹介してもらうということも可能になっています。