会社設立における司法書士の業務内容 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立における司法書士の業務内容

会社設立における司法書士の業務内容

会社の設立を行おうと思った場合には専門知識などが必要になります。
ですので専門知識を持っている資格のある専門業者に対して会社設立における業務の依頼を行う必要があります。
自分自身で行うこともできますが、なかなか難しく法律に関係している事柄もありますから専門業者に対して依頼を行うということが一般的であるといえるでしょう。

会社設立業務に関する依頼として、司法書士に対して依頼を行うという方法があります。
では司法書士が行う会社設立業務にはどういったものがあるのでしょうか。

まず会社設立業務においてどこからどこまでが会社設立業務であるのかという疑問があります。
会社設立業務は会社における目的、また名称や資本金額といった会社に関する様々なことを決めてそれをまとめた定款というものの作成を行います。
またそれだけではなくその定款を法務局に対して提出する登記業務という業務もあります。
この定款の作成と登記申請に関してはひとまとめで行うワンセットの会社設立業務となっています。

定款を作成することについては司法書士も行うことができますし、また司法書士以外にも行政書士も行うことができる業務です。
ですが法務局に対して行う登記申請については司法書士の独占業務となっています。
これは司法書士法で定められているものです。
ですから司法書士は行うことができても、定款の作成を行うことができた行政書士は登記申請、登記業務に関しては行うことはできません。
登記業務が行うことができるのは司法書士であり、司法書士の業務となっているのです。

ですから司法書士は会社設立にあたって、一般的に会社設立業務であるとされている定款の作成から登記申請に至るまでの業務を行うことができます。
行政書士に依頼した場合には登記申請については自分自身で行うか、司法書士に登記申請のみ依頼を行うという方法になってしまいます。
ですが司法書士に対して会社設立の依頼を行っておけばすべての流れを行ってもらうことができます。