会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる

会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる

会社設立業務において行うことができるものに行政書士がいます。
ですが行政書士に会社設立に関するすべての業務を行うことはできるものではないのです。
会社の設立業務にあたって登記という業務があります。
まずは定款の作成を行うのですが、その定款を法務局に対して定款を提出するという行為が登記という行為になります。
この登記業務においては実は行政書士が行ってしまっては、違法にあたることになってしまいます。

会社設立における業務に関して、行政書士が行うことができる業務は定款の作成となります。
定款を作成するまでは行うことはできるのですが、それを法務局に対して提出する、登記するということは行ってはいけないという風に司法書士法という法律によって定められています。
司法書士法という法律で制限されている業務となっているのです。

その行政書士による登記申請についてですが、実際に過去に行政書士が登記業務を行ったとして違法行為であると逮捕されたことがあります。
行政書士なので、無資格で登記申請を行ったとして逮捕されることとなりました。

登記に関する業務としては司法書士の独占業務にあたります。
会社設立登記に限らず、登記に関しての業務自体が司法書士の独占業務なのです。
ですから司法書士の資格を持っていない行政書士が行う登記に関する業務は違法行為に当たります。
行政書士による登記手続きが認められるということは絶対にないんですね。

ですので会社の設立を行おうとした場合には、行政書士に対してすべてを依頼するのではなく登記業務に関しては、登記業務ができる資格を持っている司法書士に依頼を行ったり、また個人、自分自身で行うという方法があります。
また違法行為であるとして逮捕された行政書士は、登記手続きを行う際に代理人の所に司法書士の名前を書くところ、自分自身の名前を書いて自分自身が登記を行っているという風に見せかけて違法行為を行っていたのです。