行政書士に依頼する際の費用 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 行政書士に依頼する際の費用

行政書士に依頼する際の費用

会社設立を行うのにあたって行政書士に依頼を行うという方法があります。
行政書士ではすべての手続きを行うことができず、登記手続きのみは司法書士に依頼を行うか自分自身で行うかということになってしまいます。
行政書士が会社設立においてできる業務としては、定款の作成などがあげられます。
では会社設立を行政書士に依頼した場合にはどれぐらいの費用が掛かるものなのでしょうか。

会社を新しく設立するとなると色々なお金がかかることとなってきます。
ですのでできるだけ抑えられるところの費用は抑えたいものだったりもしますよね。
ですから会社設立の依頼を行うにあたってもどれぐらいの費用が掛かるのか気になるところだと思います。
行政書士に依頼する場合にはどれぐらいの価格がかかるものなのでしょうか。

具体的な金額については行政書士事務所によって異なります。
ですのでこれだけの金額であるということは言えません。
行政書士事務所のホームページなどに金額についての記載があることかと思います。
ですので依頼をする前に事前に金額をホームページ等で確認を行うようにしましょう。

また行政書士に依頼する場合には、登記手続きは依頼することはできません。
ですので登記手続きに関しては自分自身で行うという方法もあります。
本来であれば登記手続きは司法書士に依頼したり、また登記手続きと定款作成などの会社設立におけるすべての業務を税理士などに依頼を行うという方法になり費用が発生します。
ですが登記手続きを自分自身で行うという場合には本来依頼する際にかかった依頼費用は発生しないこととなります。

また会社設立にあたって他に最低限かかる費用というものがあります。
実費としては公証人役場に対して支払う定款認証手数料、定款印紙代、定款謄本代と、法務局に対して支払う登録免許税、登記事項証明書代、印鑑証明書代が発生することとなります。
また合同会社を設立する際には実費の内容も変わってきます。