会社設立における行政書士と司法書士の違い – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 会社設立における行政書士と司法書士の違い

会社設立における行政書士と司法書士の違い

会社を設立しようと思った時個人では行うことが難しいものもありますので、税理士、行政書士、司法書士といった方に依頼を行うという必要性が出てきます。
ですが正直、行政書士や司法書士といえばどちらも同じではないか、とよく違いが判らないという方も多いことかと思います。
ですので会社設立にあたって行政書士と司法書士のどちらに依頼を行えばいいのかわからないという方も多いんですね。
ではその行政書士と司法書士の違いについて説明していきましょう。

まず大きな主な違いとしましては、行政書士と司法書士の行うことができる業務、というものがあげられます。
行政書士と司法書士によってできる業務が違ってくるのです。
これは法律で定められているもので、制限されている業務を行うことはできません。
その制限内容が行政書士と司法書士とでは違います。

会社設立以外にも業務に違いがありますが、会社の設立を行うケースとしてご説明します。
会社の設立を行うには定款の作成、また公証人役場での認証手続きが必要になります。
ですがこれらの手続きに関しては、行政書士と司法書士のどちらもが行うことができる業務となります。

それから会社設立ではこれだけではなくて他に作成を行った定款を提出するという、法務局、つまり登記所への会社設立における登記手続きがあります。
この手続きを完了させなければいけません。
この手続きについては行政書士は行うことができず司法書士のみが行うことができるものとなっています。

定款の作成、そして公証人役場での認証手続き、法務局に対する会社設立における登記手続きのすべてが会社設立にはワンセットになっています。
ですので行政書士に会社設立の依頼をする場合には、行政書士によってすべてを行うことはできません。
会社設立の助成金や補助金に詳しい行政書士もおすすめです。
ですから行政書士が行えない登記手続きのみを司法書士に依頼するという方法や、登記手続きは自分自身で行うという方法もあります。
これが行政書士と司法書士の違いです。