行政書士とは – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報 » 行政書士とは

行政書士とは

行政書士という職業について名前は知っていてもどういった職業であるのか、分からないという方も多いことかと思います。
では行政書士とはそもそもいったいどんな職業の方なのでしょうか。

行政書士は行政書士法という法律い基づいた国家資格となります。
官公署に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理または代行、作成に伴う相談などに応じた専門職となっています。
この行政書士法についてですが、平成9年において目的規定が追加されました。
それにより行政書士制度に関する目的が明確化されることとなります。

他人の依頼を受けてから報酬を得ることで電磁的記録を含んだ官公署に対して提出する書類、および権利義務・事実証明に関する書類に関して法律に基づいて作成します。
そして作成、提出を代理または代行し、加えて、当該書類作成に伴う相談に応ずることを生業とすることとなります。

行政書士が作成を行う書類についてその種類はなんと3000種類に及ぶといわれているのです。
簡単な届け出書類からまた複雑である許認可手続き至るまで多岐にわたります。
許認可などの申請書、それから添付書類などの行政機関に提出する書類、またほかにも契約書といったような権利義務や事実証明に関する書類を代理人として作成することになります。
さらにこういった書類の作成を行う際の相談に対しても行うことになります。

また行政書士は何でもできるわけではありません。
法律によって制限されている行為があります。
できないことに対して注意をする必要があるのです。
行政書士法ではなく他の法律で制限されている行為がありますので気を付けるようにしましょう。

行政書士になるためには、資格が必要です。
行政書士試験に合格したもの、また弁護士、弁理士、公認会計士、税理士などの資格を有している者、そして国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間および特定独立行政法人または特定地方独立行政法人の役員または職員として行政事務に相当する事務を担当した期間が通産して20年以上になるものといったいずれかの資格が必要になります。