:行政書士情報 の記事一覧 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報

行政書士情報

会社設立が無効になる条件

 

会社設立をせっかく行っても、実は無効となることもあります。
実際に株式会社はもちろん、他の会社形態であっても無効となる場合があるため、会社設立をする場合には、それらの無効となる条件についても知っておくことが重要です。
そもそも会社設立が無効となるというのはどういうことなのかと言えば、設立の背続きに不備があったり、会社としての設立を認められない点があったりする時に向こうとなります。
通常の無効はもちろん、会社設立の無効に関してはどの企業も孕んでいるリスクだと言えるのではないでしょうか。
ただ、相当なことがない限り、会社設立が無効になるということはありません。
通常通りに手続きを進めて、公証役場にも申請し、国からも許諾を得れば問題はありません。
もちろん、事業計画などもしっかり立てておけば、まず会社設立が無効になって、会社設立の話自体が消滅するということはありません。

ただ、近年この会社設立の無効に関しては、増加傾向にあります。
その背景にあるのが、より起業が簡単になったという点などがあります。
正直なところ、現行の法律では資本金が1円でも起業できますし、パソコン1代で起業するという方もいるくらいです。
もちろん、会社設立と個人事業主やフリーランスの開業はまた違います。
しかし、それと同時に個人が会社設立を行うというパターンも多くなってきているのです。
そんな中、あまり会社設立について知らないまま、適当に申請して設立し、無効となってしまうということも増えています。
せっかく会社設立をするというのに、無効にされてしまっては意味がありません。
そのため、会社設立をする際には、専門家を頼りにすることをおすすめします。

専門家というのは、いわゆるこの手の手続きに慣れている行政書士や司法書士、税理士などだと言えるでしょう。
こういう専門家は、会社設立の知識に関しても、必要となる手続きについて知り尽くしています。
そのため、専門家のサポートを受けて会社設立をすれば、無効となることはまずあり得ません。
万が一無効となった場合でも、すぐに相談すれば対処してくれます。
会社設立に慣れていないという方は、まずは専門家に相談してみてください。
なお、これから会社として運営・経営を続けていくのなら、専門家のサポートは必要不可欠となります。
何かトラブルや問題が発生した時のためにも、専門家の力を借りられる状態にしておくことをおすすめします。

会社設立で妻を役員にする

 

会社設立をする人が、妻や息子のような身内を役員にすることは可能なのでしょうか?
一族経営という言葉がありますが、具体的にどうやれば、親族を役員に添えることができるのでしょう?
今回は、その方法について詳しく解説したいと思います。

そもそも、妻や息子のような身内を役員にする理由とは、一体なんなのでしょうか?
実は、一族経営には、ある種節税メリットがあるのです。
その節税メリットとは、家族を役員に添えることで所得の分散になるということ。
所得を分散することで、所得税を減らすことができるというカラクリです。

例えば、役員報酬を3000万円に設定してしまうと、それに応じた累進課税が適用されてしまいますが、それを家族で分散すると、所得税率は大幅に減税されることになります。
一族経営を行う会社は、このような節税メリットを享受しているということです。
ただし、役員に添える家族は、その会社で働いているということが前提にあります。

業務実績がないのに、役員報酬を支払うということは、不当報酬ということになりますので、税務署や国税庁から呼び出されるリスクがあります。
万が一国税庁から修正申告を命令された時、ペナルティが課税されてしまいますので注意が必要です。

悪質な場合は、所得税逃れで立件される危険性もあります。
このような一族経営の所得隠しは、裁判でも過去に不当だと判決が下されたことがあります。
ですから役員に添える家族は、必ずそこで働いてもらうよう、十分に気をつけて役員配置を行う必要があります。

さてここからは役員報酬や給料の設定の仕方について、お話したいと思います。
特に役員報酬は、会社の規模が小さいうちは法人の所得税にもかかってきますので、重要なポイントです。
基本的に役員報酬は、一年間は固定で設定しなければなりません。
途中で報酬金額を変更することは可能ですが、その場合、支払われる役員報酬が必要経費として認められなくなるので注意が必要です。

役員報酬には、残業代も休日手当もつかないので、それを考えた上で適切な金額を設定する必要があります。
あんまり高すぎても会社の収益を圧迫してしまいますし、役員報酬が低すぎると法人税が高くなってしまいます。
ある程度、企業規模が大きくなってくると、役員報酬が会社の収益を占める割合というのが少なくなって来ますので、会社の利益を残しながら役員報酬もたくさんもらえる設定にできるかもしれませんが、立ち上げ時期はそうはいきません。

この辺りのバランスを考えながら、金額を設定する必要があるでしょう。
一方、給与報酬の方は、事業によって給与相場というものがありますので、そちらをリサーチする必要があります。
職安や街の求人情報などを確認して、競合他社がいくらの給料を支払っているのかを調べてから設定するといいでしょう。

会社設立を援助してくれるサービス

 

会社設立をする場合、色々な人が頼りになります。
実際のところ、会社設立をしようと思っても、そう簡単にできないと思っている方が多いです。
人によっては「会社設立のことがわからないから」とずっと個人事業主やフリーランスをやっている方もいます。
会社を設立することによって得られるメリットも大きいですし、デメリットはほとんどありません。

事業規模によって違ってきますが、会社にすることの魅力は大きいでしょう。
もし会社設立を考えていて足踏みしている状態なら、まずは支援してくれるところに相談してみてはいかがでしょうか。

まず、会社設立において頼りになるのが行政書士です。
行政書士は会社設立に必要な手続きを代行してくれるということもあり、とてもスムーズに会社設立を目指すことができます。
必要な手続きは煩雑なものが多いため、面倒と感じる人や手間だと感じる人も沢山います。
そういう時、行政書士が代行してくれれば安心です。
何より経験豊富な行政書士の場合は、どうやって会社設立するのが良いのかについて考えてくれます。
一緒になって悩みを解決してくれるパートナーのようなものでもあるので、じっくりと考えて対応してもらってみてください。
ちなみに、司法書士は法律関係の手続きにも対応してくれるので、行政書士と合わせて必要なら相談してみてください。

手続きに不備があると面倒で手間もかかるので、行政のことなら行政書士、司法のことなら司法書士に依頼するのが良いです。
ここでは簡単な説明となりましたが、会社設立というのは知識がなければトラブルや問題も発生することがあります。
ただ、専門家に代行してもらえば、それらのミスも軽減できますし、何かあった場合でもすぐに対応してもらえます。
それは大きなアドバンテージとなるでしょう。

その他にも、頼りになるサービスはあります。
例えば会社設立で心配なことと言えば、やはり税金のことなのではないでしょうか。
税金はできれば節税して、多く払わないようにしたいところです。
税理士は会社設立における税金の面をカバーしてくれて、最適なアドバイスを提供してくれます。
また、サポートによっては確定申告や決算なども手伝ってくれて、とても頼りになるでしょう。

その他、会社のことなら社労士などもいるので、そちらも相談してみると良いかもしれません。
相談すればするほど費用はかかりますが、それらは会社として上手く経営していくことに必要なものです。
先行投資として考えておきましょう。

会社設立において行政書士に相談はできるのか

これから法人や個人などで会社の設立を行う際に、会社設立業務を依頼することとなることかと思います。
その中でも様々なお悩み事などが出てくることかと思いますが、そういった会社設立に関することで行政書士に対して相談を行うことは可能なのでしょうか。
≫ 『会社設立において行政書士に相談はできるのか』

会社設立における税理士の業務内容

会社の設立にあたって税理士に依頼を行うという方法があります。
ですが正直、税理士が行うことができる業務内容についてよく知らない、分からないという方も多いことかと思います。
そもそも会社設立の業務を税理士に依頼していいのかどうかもよくわかっていない方も多いことかと思います。
≫ 『会社設立における税理士の業務内容』

会社設立における司法書士の業務内容

会社の設立を行おうと思った場合には専門知識などが必要になります。
ですので専門知識を持っている資格のある専門業者に対して会社設立における業務の依頼を行う必要があります。
自分自身で行うこともできますが、なかなか難しく法律に関係している事柄もありますから専門業者に対して依頼を行うということが一般的であるといえるでしょう。
≫ 『会社設立における司法書士の業務内容』

会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる

会社設立業務において行うことができるものに行政書士がいます。
ですが行政書士に会社設立に関するすべての業務を行うことはできるものではないのです。
会社の設立業務にあたって登記という業務があります。
まずは定款の作成を行うのですが、その定款を法務局に対して定款を提出するという行為が登記という行為になります。
この登記業務においては実は行政書士が行ってしまっては、違法にあたることになってしまいます。
≫ 『会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる』

行政書士に依頼する際の費用

会社設立を行うのにあたって行政書士に依頼を行うという方法があります。
行政書士ではすべての手続きを行うことができず、登記手続きのみは司法書士に依頼を行うか自分自身で行うかということになってしまいます。
行政書士が会社設立においてできる業務としては、定款の作成などがあげられます。
では会社設立を行政書士に依頼した場合にはどれぐらいの費用が掛かるものなのでしょうか。
≫ 『行政書士に依頼する際の費用』

会社設立における行政書士と司法書士の違い

会社を設立しようと思った時個人では行うことが難しいものもありますので、税理士、行政書士、司法書士といった方に依頼を行うという必要性が出てきます。
ですが正直、行政書士や司法書士といえばどちらも同じではないか、とよく違いが判らないという方も多いことかと思います。
ですので会社設立にあたって行政書士と司法書士のどちらに依頼を行えばいいのかわからないという方も多いんですね。
ではその行政書士と司法書士の違いについて説明していきましょう。
≫ 『会社設立における行政書士と司法書士の違い』