:行政書士情報 の記事一覧 – 会社設立で頼りたい行政書士

HOME » 行政書士情報

行政書士情報

会社設立において行政書士に相談はできるのか

これから法人や個人などで会社の設立を行う際に、会社設立業務を依頼することとなることかと思います。
その中でも様々なお悩み事などが出てくることかと思いますが、そういった会社設立に関することで行政書士に対して相談を行うことは可能なのでしょうか。
≫ 『会社設立において行政書士に相談はできるのか』

会社設立における税理士の業務内容

会社の設立にあたって税理士に依頼を行うという方法があります。
ですが正直、税理士が行うことができる業務内容についてよく知らない、分からないという方も多いことかと思います。
そもそも会社設立の業務を税理士に依頼していいのかどうかもよくわかっていない方も多いことかと思います。
≫ 『会社設立における税理士の業務内容』

会社設立における司法書士の業務内容

会社の設立を行おうと思った場合には専門知識などが必要になります。
ですので専門知識を持っている資格のある専門業者に対して会社設立における業務の依頼を行う必要があります。
自分自身で行うこともできますが、なかなか難しく法律に関係している事柄もありますから専門業者に対して依頼を行うということが一般的であるといえるでしょう。
≫ 『会社設立における司法書士の業務内容』

会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる

会社設立業務において行うことができるものに行政書士がいます。
ですが行政書士に会社設立に関するすべての業務を行うことはできるものではないのです。
会社の設立業務にあたって登記という業務があります。
まずは定款の作成を行うのですが、その定款を法務局に対して定款を提出するという行為が登記という行為になります。
この登記業務においては実は行政書士が行ってしまっては、違法にあたることになってしまいます。
≫ 『会社設立に関する業務をすべて行政書士が行うと違法になる』

行政書士に依頼する際の費用

会社設立を行うのにあたって行政書士に依頼を行うという方法があります。
行政書士ではすべての手続きを行うことができず、登記手続きのみは司法書士に依頼を行うか自分自身で行うかということになってしまいます。
行政書士が会社設立においてできる業務としては、定款の作成などがあげられます。
では会社設立を行政書士に依頼した場合にはどれぐらいの費用が掛かるものなのでしょうか。
≫ 『行政書士に依頼する際の費用』

会社設立における行政書士と司法書士の違い

会社を設立しようと思った時個人では行うことが難しいものもありますので、税理士、行政書士、司法書士といった方に依頼を行うという必要性が出てきます。
ですが正直、行政書士や司法書士といえばどちらも同じではないか、とよく違いが判らないという方も多いことかと思います。
ですので会社設立にあたって行政書士と司法書士のどちらに依頼を行えばいいのかわからないという方も多いんですね。
ではその行政書士と司法書士の違いについて説明していきましょう。
≫ 『会社設立における行政書士と司法書士の違い』

行政書士とは

行政書士という職業について名前は知っていてもどういった職業であるのか、分からないという方も多いことかと思います。
では行政書士とはそもそもいったいどんな職業の方なのでしょうか。
≫ 『行政書士とは』